高橋翔平 

京都精華大学大学院 在籍

「植物をモチーフに生命力を表現する」をテーマに活動しています。

改組 新 第6回日展 第1科 日本画 に入選

    菖蒲Ⅰ

    15.000

   SOLDOUT

SM 縦横 22.7cm×15.8cm

高知麻紙・水干絵具・岩絵の具

   額無

日本画の緑青を使用し菖蒲をモチーフに生命力を表現しました。

    菖蒲Ⅱ

   15.000円

SM 縦横 22.7cm×15.8cm

高知麻紙・水干絵具・岩絵の具

   額無

日本画の緑青を使用し菖蒲をモチーフに生命力を表現しました。

   

     紫陽花Ⅰ

     15.000

SM 縦横 22.7cm×15.8cm

高知麻紙・水干絵具・岩絵の具

  額無       

 緑青・群青を使用し紫陽花をモチーフに生命力を表現しました。

    向日葵Ⅴ

            SOLDOUT

F4号 縦横 33.4cm×24.3cm

高知麻紙・水干絵具・岩絵の具

   額無し   

 

枯れた向日葵をモチーフに制作しました。



吉田 松之助 

カブトムシ、クワガタムシの幼虫が餌を食べた時にできる食べ跡の形と、

自身の刷毛仕事からみられる刷毛跡や筆跡をなぞることで得られる偶然できる形がどこかリンクしていると考え、

偶痕というシリーズで作品を制作している。

改組 新 第6回日展 第1科 日本画 に入選

 

     思い耽る

     10,000

縦横  21cm×14cm

岩絵の具  墨 高知麻紙

   額無し

 

海に漂うタツノオトシゴが何かに思いを巡らしているように見えた。

   偶痕Ⅶ 啓蟄

    10,000

縦横  14cm×21cm

岩絵の具 箔 墨 高知麻紙

   額無し

 

虫が地上に這い出る様子を描いた。

 偶痕Ⅺ かぶとむし

    8,000

縦横  16cm×11cm

岩絵の具 高知麻紙

額無し

幼虫時代で培ったものは成虫に引き継がれ、人も経験によって今の自分がある。 

    偶痕Ⅷ 三つ巴

     SOLD OUT

14cm×横21cm

岩絵の具 箔 高知麻紙

   額無し

数匹で行動する虫に、なにか特別な共通点が感じられた時に描いた作品。


Kajikawa yuri

 

京都市立美術大学院 在籍

交流展人の記憶の瞬間や、物事の交わる瞬間を題材に作品制作しています。

改組 新 第5回日展 第1科 日本画 に入選