展覧会情報


現在/今後の展覧会


アートソムリエ山本冬彦選抜展

4月20日(火)~25日(日)

 第五回の交流展を京町屋ギャラリーで開催いたします。

京都と京都以外の全国の新進気鋭の作家作品を紹介し、

多様で多彩な個性の 交流展を京都で楽しんでいただきたいと思います。

 (アート・ソムリエ:山本冬彦) 

#アートソムリエ #山本冬彦 #新進気鋭作家 #日本画 #油彩 #美人画 #京町屋 #オンラインショップ  

#先行予約販売 #ギャラリー SUINA室町 #経済センター

オンラインショップ

https://www.gallerylh.com/%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3/

新井ゆか

  

どんな状況であっても出来るだけ色とりどりに過ごし合いたいと最近は思いながら描いてます。

naoh    

 

家では芸術、工場では製品。対局のものを作り続ける中で感じた矛盾と葛藤の中で生まれ

 

た「まつげちゃん」。

それはアカデミックな洋画教育を受けながらも、日本の古典的な美を追い求める私自身のようでした。


シマザキマリ  

  

 

青年をメインモチーフに制作しております。

奥野久美子    

   

私の制作における主なテーマは和食と四季・日本の伝統についてです。

日本の四季とともに歩んできた文化を絵画として残し、それらに興味がない人に興味を持ってもらえるきっかけになるような作品を作りたいです。

竹内 昌二 

 

自分の目で見た風景、見たものに感動し、そこから着想して制作をしています。

田島慧喜 

 

東京を中心に、画廊や百貨店での展示に参加させて頂いてます。

材質感を大事にした下地を基盤に、独自の表現を目指すべく制作しています。


須澤 芽生        

  

 現在は大学で古典絵画の研究を行っています。

昔は絹に描くのが主流で、私も絹を良く使うようになりました。

絹は裏側から彩色や金箔を貼ることができるので、それらの技法を用いながら現代的な表現を模索しています。

もんちほし

 

筆・墨・硯・和紙で墨絵を描き始めて5年目ですが、長くPCで絵を描いていました。

あふれてくるものを言葉で整理できない時、想いを昇華させるために筆を取ります。

行き場のない物語のつづき、もしくは記録として

今は年1回ペースで個展開催しています。 

ACT取り扱い作家

羽賀文佳

 

自分にできることを丁寧にやっていきたいと思っています。
素材の持つ美しさをうまく用いて、人間の放つ空気を表現していきたい。

高橋翔平 

  

京都精華大学大学院芸術研究科芸術専攻日本画領域 在籍

 

「植物をモチーフに生命力を表現する」をテーマに活動しています。



凪アトリエ展

4月27日(火)~5月2日(日)

#japan #kyoto #art #gallery #nagi  # atelier Child Atelier Exhibition # rental space #alternative space  #japanese traditional house  #architect  #160years of age  #the name of the gallery cited from the American fairy tale  #artisan  #exhibition